全員が出会い系サイト利用を女性と会うようになったいきさつをAさんから教えてください援交一番出会えるサイト

筆者「まずは、全員が出会い系サイト利用を女性と会うようになったいきさつをAさんから教えてください。
今日揃ったのは、高校を途中でやめてから、五年の間、ほぼ自宅から出ていないA、せどりで収入を得ようと考えているもののまだ軌道には乗っていないB、小さなプロダクションでレッスンを続けて、アクション俳優志望のC、出会い系サイトのスペシャリストをと自信たっぷりの、ティッシュ配りをしているD、五人目は、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
そろって二十代の前半です。
A(引きこもり中)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットをしていたらすごくルックスのいい子がいて、向こうからコンタクトが来て、そこであるサイトに会員登録したら、メアド教えるって言われてユーザー登録しました。そしたらその子から連絡が取れなくなったんです。それでも、見た目が悪くない女性は出会いはあったので」
B(内職中)「最初の方はやっぱり自分もメールの送受信を繰り返してました。モデルかと思うくらいきれいで、どストライクだったんです。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトの場合、サクラの多さで話題のところだったんですけど、なかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、そのままちゃんと使い続けています。
C(アクション俳優を目指す)「私についてですが、色んな人物を演じられるよう、始めましたね。出会い系サイトがさんざん悪用する役をもらって、それがきっかけです」
D(パート)「僕については、先に利用していた友人に影響されながら登録したってところです」
後は、最後に語ってくれたEさん。
この方なんですが、他の方と大分違っているので、端的に言って蚊帳の外でしたね。
出会えるサイトを使う人達に問いかけてみると、大半の人は、人恋しいと言うそれだけの理由で、つかの間の関係が築ければ構わないと言う気持ちで出会い系サイトを選んでいます。
簡単に言うと、キャバクラに行く料金ももったいなくて、風俗にかけるお金も払いたくないから、お金の要らない出会い系サイトで、「引っかかった」女の子でリーズナブルに間に合わせようsnsで援交と考え付く男性が出会い系サイトを使っているのです。
その一方で、女の子サイドはまったく異なるスタンスをしています。
「相手が熟年でもいいから、お金持ちで料理ができる彼氏が欲しい。出会い系なんてやってるおじさんは100%モテない人だから、自分程度の女性でも思い通りに扱えるようになるかも!ひょっとしたら、イケメンの人がいるかも、キモメンは無理だけど、タイプだったらデートしたいな。女性の半数以上がこのように考えています。
簡潔に言うと、女性は男性の顔面偏差値か経済力が目当てですし、男性は「お手ごろな女性」を手に入れるために出会い系サイトを働かせているのです。
お互いに、あまりお金がかからないお買い物がしたくて出会いを欲しているようなものです。
そんな風に、出会い系サイトを役立てていくほどに、男共は女を「もの」として見るようになり、女達もそんな己を「売り物」としてみなすようにいびつな考えになっていくのです。
出会い系サイトを活用する人の感じ方というのは、女性をじんわりと人間から「物」にしていく類のアブノーマルな「考え方」なのです。

関連記事はこちら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ