2015年11月より良い関係を目指して歩み寄っていたのではないでしょうか

相性のいい人に巡りあうまで何度か失恋を乗り越えることは珍しくありません。
付き合ってからしばらくして失恋した場合、その季節やメンタルによってはタロット 相手の気持ち 戦車「新しい恋人なんてできないかもしれない」と自暴自棄になることもあるでしょう。
好きな人に対する未練の大きさによってやり直したいという気持ちが出てくるのでしょう。
また付き合うかどうか、どういう方法がふさわしいのかは、カップルの関係をストップした後のその人との付き合い方によって異なります。納得のいく関係はお互いの心の距離感によっても違ってきます。
破局しても友人のように問題なく連絡を取り合ったり、たまにLINEで絡むようなパターンもあります。完全に連絡を取らない二人も珍しくないでしょう。
その関係にしても、頭にインプットしておきたいたいせつな点があります。また成功率をあげる時期もそれぞれ異なります。
ここを間違うとチャンスがなくなり、願いを伝えてミスすると、次回のチャンスはさらに難度が上がるのです。両想いになったことがあるからこそ、ハードルが高いということだけは心に刻んでおく必要があります。
新しい相手と付き合うのは双方に知らないことばかりで楽しみでしょう。
しかしいいところもイヤな部分も分かっている対象の場合、お互いを知る楽しみはありません。お互いの弱点も含めてガマンできるのかという問題が重大なポイントです。
何が一番かは破局後の気持ちの入れ替えで、ほとんどは見えてきます。どうなるかによって、手段も変わってきます。
カップルをやめてからも、その後もずっと親しい友人のような関係をキープしているなら、どことなくヨリを戻すのはちょろいと見なすでしょう。しかしそれほどやすやすとはいかないものです。
別れた後も関係も悪くなく何か大きな問題が引き起こされたわけでもなく、交際の最中に相手が関係をやめようと決意することはないでしょう。
仮に新しい女性もしくは男性が現れて気変わりしたのが要因だとしても、あなたにいっしょにいられなくなる特徴があったのが決定打でしょう。地雷原はとてもップルが抱える問題はとても重かったはずです。
そう簡単に学習できるなら、辛抱強く話し合って、より良い関係を目指して歩み寄っていたのではないでしょうか。
まず「何がいけなかったのか」それを明確にするのが論点になってきます。ここまで来て不満を聞いても、「もう関係ないことだから」と黙ってしまうかもしれません。
理由を聞いてみることで、嫌な記憶が蘇らせようとするのを不機嫌になることも考えられます。相手の方からヨリを戻したいと気持ちが揺れ動くようにするのが、現在の何とも言えない友人関係で最適な方法といえるでしょう。
どうして交際をストップしようと考えたのか。それはタロット相手の気持ちの不思議な力で証明できます。あなた自身の欠点が明らかになれば、それを直す努力をして、何もそれらしいそぶりは見せず変わった自分を明示しましょう。
これにより「寄りを戻そうか」という心持にさせるのです。自分の欠点を直さなくても、相手の心にパワーを送ってやり直したい気分にするタロット相手の気持ちも用意してあります。
これでは長期間付き合わないうちに「やっぱり距離を取ろう」と同じことがネックになって別れる可能性は大いにあり得ます。

関連記事はこちら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ